komeの備忘録

東大理系大学院生の技術ブログ。たまに趣味。

Ubuntu18.04にOpenCVをインストールする

pipでさくっとOpenCV3.4.3とcontribをインストールした。
pythonは使えることを前提にすすめる。

環境
OS: Ubuntu18.04
python: 3.6.7

依存関係のあるパッケージのインストール

$ sudo apt update 
$ sudo apt -y upgrade
$ sudo apt -y install build-essential \
cmake git libgtk2.0-dev pkg-config libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev \
python-dev python-numpy libtbb2 libtbb-dev libjpeg-dev libpng-dev libtiff-dev libdc1394-22-dev

(libjasper-devもインストールするって書いてあったけど、aptでsearchしても見つからなかったから放置。JPEG2000を用いなければ特に問題なし。)

インストール

一瞬で終わる。

$ pip install --upgrade pip
$ pip3 install opencv-python
$ pip3 install opencv-contrib-python

動作確認

$ python
Python 3.6.7 (default, Oct 24 2018, 16:05:08) 
[GCC 7.3.0] on linux
Type "help", "copyright", "credits" or "license" for more information.
>>> import cv2
>>> cv2.__version__
'3.4.3'

まとめ

楽だからpipでさくっとインストールしてしまったが、公式のリファレンスを見ると自分でソース持ってきてローカルでコンパイルすることを推奨している。

時間がないときはpipですぐに終わらせられるが、時間があるときは公式のリファレンスにしたがい、ソースコンパイルをしてもいいかもしれない。最新の機能がリアルタイムで追加されるらしいし。

参考にしたサイト

OpenCV: Installation in Linux

qiita.com